top of page

やっぱりすごいぞ、ボディートーク!

更新日:2023年2月13日


こんにちは。サピエンシスボティケア尾崎千恵です。


1/14&15にIBAのシニアインストラクターであり、オステオパス、統合医療の博士号であるDr.トレイシークラークの日本初となるワークショップを開催しました!


『セッションインテンシブ』というワークショップで、ボディートークのセッションを観察しながら、みんなでタップして、セッションの効果も共有しちゃう、という学びとエネルギーシフトを両方を享受できる有意義なワークショップです。


ボディートークの創始者であるDr.ジョンヴェルトハイム(写真左)や、エナジェテッィクバランシングでお世話になっているDr.ケリーダンブロジオ(写真右)とも親交の深いトレイシー先生



ワークショップ開催期間中、トレイシー先生はスペインに滞在中で、ヨーロッパから参加。日本時間では18:00-22:00という夜の時間を使った2日間、合計 8名の方のセッションを観察するワークショップでした。ご参加下さった方には、夜遅くまで大変お疲れ様でした。



でも、ワークショップ後、すぐに眠れちゃう!というのも自宅で受けられるオンラインワークショップならではの良さかもしれませんね。



特に、このセッションインテンシブでは、セッションを観察しているだけなのですが、ご自身がセッションを受けたかのように、シフト(変化)を感じますし、しかも一晩で4人ものセッションでしたので、みなさんエネルギーをグルグル感じられていましたよね。




さて!

ワークショップの感想はといいますと・・・



一言でいうなれば、



「シビレた!」



という感じでしょうか^^



しびれる【痺れる】 の解説 (国語辞書より)

1. からだの一部または全体の感覚が失われ、自由がきかなくなる。

2. 電気などを感じてびりびりふるえる。

3. 心を奪われてうっとりとする。強烈な刺激を受けて陶酔する。



本当に、全て当てはまるような感じでした。

個人的には、実際に、体にも変化があり、心も奪われ、強烈な刺激を受けました!




トレイシー先生の予診、主訴の聞き出し方、オンラインでの評価法、的確でスピーディーな洞察力、そして、何より、クライアントさんに寄り添い、その声(インネイトウィズダム)をきっちりと尊重し、傾聴する姿勢が素晴らしいかったです。



受講生であり、クライアントさんでもある方へのバランスの様子です。

ボディートークモジュール4&7「マスクプロトコール」を施術しています↓


手順を省かず、きちっと実行するトレイシー先生。

枕をフォーカスツールとして、クライアントさんの脊椎のバランスをとっています。



そして、


「あら!ここが硬いわね!」


といって枕をフォーカスツールとして、脊椎下部をイメージし、トリートメントを行うトレイシー先生。とってもチャーミングでした💛




私、個人的な感想としては、初めてボディートークの基礎講座を習い、


「うわぁ!ボディートークってすごい!!これだ!!」


と感じた時と同じくらいのパッションで、「やっぱりすごいぞ、ボディートーク!」

と再確認&実感できた、とっても貴重な2日間でした。




ご参加くださったみなさまから、SNSでシェアしてOKという感想をいただきましたので、シェアさせていただきます。みなさんの興奮をお届けします!



  • 初日のセッション中からシフトを感じて脳内がとてもスッキリしました。メモがスラスラ書けています


  • 全てのsessionが自分に当てはまった


  • 具体的な学びの貴重な機会で嬉しかったです


  • 説明も分かりやすく、次のセミナーが楽しみです


  • トレイシー先生の知識の豊富さ、セッションのパワフルさに驚かされました!セッションを受けて身体も楽になり、心のシフトを感じました!これからの変化が楽しみです♪また、皆さんのセッションを観察させていただき、トレイシー先生のパワフルなセッションの数々に圧倒されました。それでも自分の施術の中に取り入れたいと感じた気づきも多くありました!トレイシー先生の今後開催セミナーもとても楽しみにしています。


  • 観察力のスピードとパワフルさを感じました。とても興味深く、もっとたくさんセッションを見てみたいと思いました。


  • とても丁寧な説明と分かりやすい解説で勉強になりました。


  • 2日間ありがとうございました。久しぶりに素晴らしいボディートークのセッションを観察しました。改めてボディートークのすごさを実感です。オブザーバーのシフトも今まで以上の変化に驚きでした。クライアントのセッション前後の身体の観察大切ですね。オブザーバーの私の肩の痛みや可動域も変化していました。今までも変化していたとは思いますが、自分の身体をここまで確認していなかったので、このことだけでも学びは大きかったです。



  • 基本の大切さと、感性、思考の柔軟性と心身は常にリラックスがポイントよ!そんなエッセンスも満載された濃いセミナーでした


  • 深い感動と学びの二日間でした。8名の方々の貢献と、このような場を創造してくれたサピエンシスのスタッフの皆さんに心から感謝しています。ありがとうございました。講師のトレイシーからは施術士の在り方を学びました。専門的な知識はもちろんのこと、クライアントがどのような課題を持っていたとしても共に歩むという姿勢が一貫しており、安らぎの中でセッションが進んでいきました。一言も漏らすまい!と書き留めながら、ボディトークの素晴らしさを改めて感動とともに受け取っています。本当に受講をして良かったです。受講を選択した自分自身にも感謝したいと思います。ボディトークって楽しくて純粋で温かいですね。出会えてよかったです


  • オステオパシをバックグラウンドに有するトレイシー先生のセッションは、深いところまで浸透してくる感覚が素晴らしく、セッション中何度も身体が震えたり、呼吸が深まったり、筋膜の緊張がほどけたり、身体全体のシフトを体感することができました。ボディートークの可能性を十二分に感じることができ、私にとってとても学びと気づきに満ちた時間でした。ありがとうございました。


  • すごくパワフルで多次元に対してアプローチしていた感じがありました。施術を受けた次の日は、眠り続けてそのあとすごく身体が楽になりました


  • 私自身は事情により2日目は受けれませんでしたが、1日目は自分がクライアントとして受け、それ自体もパワフルな体験で、今だ変容の最中にいます。また初めてボディートークのセッションを2.3度受けた後に主訴が劇的に改善した時の衝撃のような、ジョン先生のセッションを初めて受けた時に感じた改めてボディートークは進化し続けてるし自由なんだって思えた時の感覚、パラマキャンパスでソウルジャーニーが日本語で受け取れることが実感できた時の感動のような、それが混ざったような不思議な高揚感をセッションインテンシブを終えた次の日に感じました。


  • 改めてボディートークは世界中のみんなと繋がって広がっているものなんだなと感じ、また多くの方にトレイシー先生のセッションを受けてもらえたらなとも思いました。


  • トレイシー先生を日本に繋いでセッションインテンシブを開催できるようにしてくれた主催のサピエンシスボディケアの二人に感謝です!


  • セッションを受けている方の課題が、観察している人々にも共通していいる部分があり、その場で観察している人もシフトを起こすという体験ができました。トレイシー先生の、ボディートークのテクニックを忠実に、けれども包括的なビジョンで捉えるセッションを観察させていただいて、ジョン先生に対する敬意を感じました。フォーミュラの項目一つひとつは分かりやすく説明され、それらがどにように動的作用するのかを深く広く網羅しており、いかに観察するかの大切さを再認識することができました。


  • 的確な問いでテーマを施術士とクライアントお互いに鮮明にしていきセッションをより明確化していく様が美しいと言ったら良いか美的センスを感じた


  • セッションを受けるに辺り、あまり課題を持たずに参加したのですがセッションを進めるにつれて色々気づきがあり、沢山のシフトも感じる事が出来た有意義なセミナーでした。感謝



ケリーチームリーダーの小林さんもしっかり評価されています!



パラマキャンパスリーダーのジョニーもセッションを受けてくださり、セッション後のこの満面の笑み!




ご参加くださったみなさま、場を共有してくださり、素敵な感想もいただきありがとうござ

いました!



もし、今後、Dr.トレイシーのワークショップに参加しようか迷われている方がいらっしゃったら、ぜひご参考になさってください。



知識量、洞察力、スピード感、そしてチャーミングなトレイシー先生の

次回のワークショップは7月開催の『ビヨンドテクニック』です。





トレイシー先生からのワークショップ解説もぜひ↓






お申し込み&詳細はこちらからぜひご覧ください!



bottom of page