Guido Van Ryssegem

​ギドー ヴァン リッシゲム

修士,ATC,CSCS,NBFE,看護師

https://www.kineticintegrations.com/


様々な専門的技術の知識を統合し、独自の代償動作を回復するシステムである「キネティックインテグレーションズ」を開発「運動変則性」「固有受容器」「感覚運動」「応用運動コントロール」「運動学習」の技術を ヘルスケア分野や運動指導のプロへ提供 元救命救急の看護師の経歴をもち、スポーツメディスン・ストレングス&コンディショニングの分野で、38年の臨床経験を持つ ベルギー/アントワープの病院にて救命救急室付きの看護師として16年勤務後 オレゴン州大学(University of Oregon)にてアスレチックトレーナー・スポーツメディスンの修士学位を取得 ​ 9年間メジャーリーグにて、アスレチックトレーナー/ストレングスコーチとして勤務(バルティモールオリオルズ・カンザスシティーロイヤルズ・テキサスレンジャー) ​ 16年に渡りオレゴン州立大学( Oregon State University) のアスレチックトレーニングフィールドにて、トレーニングやリハビリを担当 ​ 現在も、米国・海外の大学講師でもあり、大学や様々な協会や団体で講師を務め、筋骨格と腰部リハビリテーションジャーナルの評論・国際的な文献出版  キネティックインテグレーションズやその他様々なセミナーを世界各国で開催 その他 / 所属団体 National Athletic Trainer Association(NATA)評価委員として所属  National Strength and Conditioning Association (NSCA)米北西地区の評価委員兼コーディネーターとして所属 American College of Sports Medicine (ACSM)・Rehab 2 Performanceメンバー 韓国オリンピックトレーニングセンンター・韓国スポーツアカデミーの評価員兼アドバイザー 北京中国にて中国Sports MedicineとPerformance Academy私立校の設立に携わる

Guido Van Ryssegem