鍼灸マッサージとは

鍼灸

鍼灸の施術では伝統中医学(経絡や臓腑)と、西洋医学のコンセプト(神経伝達、神経科学、自律神経)両方の側面を考慮し、アプローチします。

健康な身体とは、あらゆる臓器・臓腑・組織(筋肉、骨)・脳・神経・経絡同士のコミュニケーションが健全に取れている状態であり、滞りがない状態を指します。逆にいうと、痛みなどの症状とは、体の不調によりコミュニケーションが途絶えているサインです。

​身体の中のコミュニケーションを復活させ、健康なバランスの取れている状態にすることにより、自然治癒能力が促進されることで症状の改善にアプローチしていきます。少ない鍼数、少ない刺激、痛みを抑えた優しい鍼の治療法で、鍼が苦手という方でも安心です。

マッサージ​

あん摩・マッサージ・指圧療法は、経絡やツボを刺激し、筋肉の凝りや張りを和らげ、気血の流れを調節することで治癒力の向上します。「経絡(けいらく)」とは「経脈(けいみゃく)」と「絡脈(らくみゃく)」の総称です。
経絡は“気血”というエネルギーや栄養分が流れる通り道で、五臓六腑(内臓諸器官)と通じており、各組織器官にそれらを運ぶ働きを担っています。 

ツボとは正式には「経穴(けいけつ)」と呼ばれ、この経穴は経絡上に存在し、疾病の際に何らかの反応を表す点であり、施術により疾病点にもなります。

あん摩・マッサージ・指圧は、全身または局所に対し、血液・リンパ液の循環をよくし、新陳代謝を旺盛にし、関節・筋肉などの拘縮、癒着、硬結を解きほぐすなどの作用があります。また、自律神経や内臓諸器官を調整する作用があるので、健康人にあっても健康度をより高度に維持・向上することが可能です。

東洋の概念のみならず正常に機能していなかった筋肉や筋膜へも同時にアプローチします。
​正常な働きを促す事で、姿勢や痛み、そして動きの改善や回復を促進します。
 

sapiensis body care.jpg

意識を変えれば身体が変わる

〒166-0016

東京都杉並区成田西2-19-19

© 2019 SAPIENSIS BODY CARE

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon